ご挨拶

 

~お客様の代理人として利益を守りたい。

                       それが設立の動機です~

 

 

株式会社だるま不動産 代表 浜田康一(はまだ こういち)

 土地建物といった資産の活用手法や、不動産競売の際、お客様の代理人として交渉や調査にあたり、リスクを軽減し、且つ利益を守ることを目的として弊社を設立致しました。

 例えば、土地という大切な資産の有効活用のために、賃貸目的のアパートやマンションを建てたいと考えた場合、どこに依頼すれば良いかご存じでしょうか? 建築会社でしょうか。それとも駅前の不動産でしょうか。
 また、やむをえず競売にかけられることとなり、その前に任意売却して少しでも有利な条件が欲しいときには、債権者というその道のプロと交渉しなければなりません。
 不動産に関わることは専門知識が求められることが多く、「どうすることがもっとも良いのか」という見極めは非常に難しいものです。
 まして、交渉相手は四六時中その事を研究しているプロですから、生半可な知識はかえってこじらせてしまうことだってある話です。

 その時、お客様の「代理人」として動く「プロ」が求められているのです。同じ土俵に立って交渉に当たれるその道のプロです。

 とかく交渉というのは一筋縄ではいきません。互いの利益の妥協点を探すのは難しいものです。自分にとっての正論が、相手の不利益であることは良くあることです。

 ところが私もその道の人間として心苦しいところではあるのですが、お客様の代理人という意識は日本国内では希薄です。海外では取引の際、必ずどちらかの側につくのは当たり前のことですが、国内では双方の利害調整者としての役割であること多いのです。

 永年に渡り、競売代行、不動産資産管理に携わっていてでた結論が「どこもやらないなら私がやろう」です。
 お客様の代理人として、立場を旗幟鮮明(きしせんめい)とした不動産屋です。

 不動産に関する面倒な交渉、困ったことなどがございましたら、気軽に私、浜田までお声をお掛け下さい。

 

株式会社だるま不動産
代表 浜田康一